2021年09月18日くいなちゃん


プログラミング言語Kuin」の実行環境がexe用のAPIリファレンスページです。
wipeライブラリは現在、動作環境(-eオプション)が「exe」のときのみ使えます。 他の環境向けに使用するとコンパイルエラーになります。

 wipe@Type

ワイプの種類を表す列挙型です。
名前説明
%noneワイプなし
%fadeフェード
%centerCircle画面中心の円

 wipe@draw

ワイプを描画する関数です。

func draw(): bool

戻り値ワイプが完了していたらtrue、ワイプの途中ならfalse
呼び出すたびにワイプの時間が進みます。

 wipe@set

ワイプを設定する関数です。

func set(type: wipe@Type, in: bool, time: int, color: int)

typeワイプの種類
inシーンへインするワイプならtrue、シーンからアウトするワイプならfalse
timeワイプにかかる時間
colorワイプの色
timeには、何回wipe@draw関数を呼ぶとワイプが完了するかという時間を設定します。
発生条件ビルド例外コード
timeが0以下dbgのみ0xE9170006
1631939302jaf