Kuina-chan

くいなちゃん2019年08月25日


プログラミング言語Kuin」の言語仕様201、「cuiライブラリ」についてです。

1cuiライブラリ

コンソールを制御するためのライブラリ「cui.kn」を解説します。
cuiライブラリは、コンパイルオプションの実行環境が「cui(コンソールアプリ)」のときのみ使用可能です。
名前 説明
cui@delimiter 読み込み時の区切り文字を設定するメソッド
cui@input 区切り文字を無視して1行受け取るメソッド
cui@inputChar コンソールから文字を受け取る関数
cui@inputFloat コンソールから小数を受け取る関数
cui@inputInt コンソールから整数を受け取る関数
cui@inputLetter 区切り文字を無視して1文字受け取る関数
cui@inputStr コンソールから文字列を受け取る関数
cui@print コンソールに文字列を出力する関数

2cui@delimiter

「cui@delimiter」は、読み込み時の区切り文字を設定するメソッドです。

func delimiter(delimiters: []char)

delimiters 区切り文字を格納した配列
初期状態では、区切り文字は改行と半角スペースとカンマ(['\n', ' ', ','])に設定されています。

3cui@input

「cui@input」は、区切り文字を無視して1行受け取るメソッドです。

func input(): []char

戻り値 入力された文字列。 末端に改行文字は含まれない
コンソールから1行入力されるまで待機し、入力された文字列を受け取ります。
このメソッドは、区切り文字の仕組みを使わず、1行ずつ厳密に処理したい場合に便利です。

4cui@inputChar

「cui@inputChar」は、コンソールから文字を受け取る関数です。

func inputChar(): char

戻り値 受け取ったデータ
表4-1: cui@inputCharの例外
発生条件 ビルド 例外コード
(16進数)
読み込み位置にcharのデータが存在しない dbg、rls E9170008
  • このメソッドは、読み込み位置から区切り文字を読み飛ばして、区切り文字以外のデータを文字として読み込み、メソッドを抜ける。
図4-1: cui@inputCharの仕様

5cui@inputFloat

「cui@inputFloat」は、コンソールから小数を受け取る関数です。

func inputFloat(): float

戻り値 受け取ったデータ
表5-1: cui@inputFloatの例外
発生条件 ビルド 例外コード
(16進数)
読み込み位置にcharのデータが存在しない dbg、rls E9170008
  • このメソッドは、読み込み位置から区切り文字を読み飛ばして、区切り文字が現れるまでのデータを小数として読み込み、メソッドを抜ける。
図5-1: cui@inputFloatの仕様

6cui@inputInt

「cui@inputInt」は、コンソールから整数を受け取る関数です。

func inputInt(): int

戻り値 受け取ったデータ
表6-1: cui@inputIntの例外
発生条件 ビルド 例外コード
(16進数)
読み込み位置にcharのデータが存在しない dbg、rls E9170008
  • このメソッドは、読み込み位置から区切り文字を読み飛ばして、区切り文字が現れるまでのデータを整数として読み込み、メソッドを抜ける。
図6-1: cui@inputIntの仕様

7cui@inputLetter

「cui@inputLetter」は、区切り文字を無視して1文字受け取る関数です。

func inputLetter(): char

戻り値 受け取ったデータ
このメソッドは、区切り文字の仕組みを使わず、1文字ずつ厳密に処理したい場合に便利です。
表7-1: cui@inputLetterの例外
発生条件 ビルド 例外コード
(16進数)
読み込み位置にこれ以上データが存在しない dbg、rls E9170008

8cui@inputStr

「cui@inputStr」は、コンソールから文字列を受け取る関数です。

func inputStr(): []char

戻り値 受け取ったデータ
表8-1: cui@inputStrの例外
発生条件 ビルド 例外コード
(16進数)
読み込み位置にcharのデータが存在しない dbg、rls E9170008
  • このメソッドは、読み込み位置から区切り文字を読み飛ばして、区切り文字以外のデータを文字列として読み込み、メソッドを抜ける。
図8-1: cui@inputStrの仕様

9cui@print

「cui@print」は、コンソールに文字列を出力する関数です。

func print(str: []char)

str 出力する文字列
strにnullを渡すと「(null)」が出力されます。
1566669568jaf