Kuina-chan

くいなちゃん2018年12月11日


プログラミング言語Kuin」の言語仕様105、「zipライブラリ」についてです。

1zipライブラリ

ディレクトリを圧縮するライブラリ「zip.kn」を解説します。
名前 説明
zip@unzip zipファイルを解凍する関数
zip@zip ディレクトリを圧縮する関数

2zip@unzip

「zip@unzip」は、zipファイルを解凍する関数です。

func unzip(dst: []char, src: []char): bool

dst 出力するディレクトリのパス
src 解凍するファイルのパス(.zip)
戻り値 処理に成功するとtrue、失敗するとfalse

3zip@zip

「zip@zip」は、ディレクトリを圧縮する関数です。

func zip(dst: []char, src: []char, compressionLevel: int): bool

dst 出力するファイルのパス(.zip)
src 圧縮するディレクトリのパス
compressionLevel 圧縮レベル。 -1もしくは1~9で指定。 値が小さいほど速度重視、大きいほど圧縮率重視。 -1を指定すると標準の圧縮率(現状では6)
戻り値 処理に成功するとtrue、失敗するとfalse
表3-1: zip@zipの例外
発生条件 ビルド 例外コード
(16進数)
compressionLevelが-1でも1~9でもない dbgのみ E9170006
1544533845jaf