Home English

Kuina-chan

くいなちゃんDec 15, 2017


プログラミング言語Kuin」の「wndライブラリ」についてです。

wndライブラリ

ウインドウを制御するためのライブラリ「wnd.kn」を解説します。
wndライブラリは、コンパイルオプションの実行環境が「wnd(ウインドウアプリ)」のときのみ使用可能です。
wndライブラリに用意されているものはwndライブラリの通りです。
wndライブラリ
名前 説明
wnd@act ウインドウメッセージを処理する関数
wnd@getClipboardStr クリップボードから文字列を取得する関数
wnd@key キーボードのキーの状態を取得する関数
wnd@makeBtn プッシュボタンを作成する関数
wnd@makeCalendar カレンダーを作成する関数
wnd@makeChk チェックボックスを作成する関数
wnd@makeCombo コンボボックスを作成する関数
wnd@makeComboList コンボリストを作成する関数
wnd@makeDraw 描画コントロールを作成する関数
wnd@makeEdit エディットボックスを作成する関数
wnd@makeEditMulti 複数行エディットボックスを作成する関数
wnd@makeGroup グループを作成する関数
wnd@makeLabel ラベルを作成する関数
wnd@makeLabelLink リンク付きラベルを作成する関数
wnd@makeList リストボックスを作成する関数
wnd@makeListView リストビューを作成する関数
wnd@makeMenu メニューを作成する関数
wnd@makePager ページャを作成する関数
wnd@makePopup ポップアップを作成する関数
wnd@makeProgress プログレスバーを作成する関数
wnd@makeRadio ラジオボタンを作成する関数
wnd@makeRebar レバーを作成する関数
wnd@makeScrollX 水平スクロールバーを作成する関数
wnd@makeScrollY 垂直スクロールバーを作成する関数
wnd@makeSplitX 水平分割コントロールを作成する関数
wnd@makeSplitY 垂直分割コントロールを作成する関数
wnd@makeStatus ステータスバーを作成する関数
wnd@makeTab タブを作成する関数
wnd@makeToolbar ツールバーを作成する関数
wnd@makeTrackbar トラックバーを作成する関数
wnd@makeTree ツリーコントロールを作成する関数
wnd@makeWnd ウインドウを作成する関数
wnd@msgBox メッセージボックスを表示させる関数
wnd@onKeyPress ウインドウ全体でキー入力を受け取るイベントを設定する関数
wnd@openFileDialog ファイルを開くダイアログボックスの表示
wnd@saveFileDialog ファイルを保存するダイアログボックスの表示
wnd@setClipboardStr クリップボードに文字列を設定する関数
wnd@Anchor コントロールのアンカーを表す列挙型
wnd@Btn ボタンのクラス
wnd@Calendar カレンダーのクラス
wnd@Chk チェックボックスのクラス
wnd@Combo コンボボックスのクラス
wnd@ComboList コンボリストのクラス
wnd@Draw 描画コントロールのクラス
wnd@Edit エディットボックスのクラス
wnd@EditBase エディットボックスの基底クラス
wnd@EditMulti 複数行エディットボックスのクラス
wnd@Group グループのクラス
wnd@Key キーボードのキーを表す列挙型
wnd@Label ラベルのクラス
wnd@LabelLink リンク付きラベルのクラス
wnd@List リストボックスのクラス
wnd@ListView リストビューのクラス
wnd@Menu メニューのクラス
wnd@MenuBase メニューの基底クラス
wnd@MsgBoxBtn メッセージボックスのボタンを表す列挙型
wnd@MsgBoxIcon メッセージボックスのアイコンを表す列挙型
wnd@MsgBoxResult メッセージボックスの結果を表す列挙型
wnd@Pager ページャのクラス
wnd@Popup ポップアップのクラス
wnd@Progress プログレスバーのクラス
wnd@Radio ラジオボタンのクラス
wnd@Rebar レバーのクラス
wnd@ScrollX 水平スクロールバーのクラス
wnd@ScrollY 垂直スクロールバーのクラス
wnd@ShiftCtrl ShiftキーとCtrlキーの状態を表す列挙型
wnd@SplitX 水平分割コントロールのクラス
wnd@SplitY 垂直分割コントロールのクラス
wnd@Status ステータスバーのクラス
wnd@Tab タブのクラス
wnd@Toolbar ツールバーのクラス
wnd@Trackbar トラックバーのクラス
wnd@Tree ツリーコントロールのクラス
wnd@Wnd ウインドウのクラス
wnd@WndBase ウインドウやコントロールの基底クラス
wnd@WndStyle ウインドウスタイルを表す列挙型

wnd@act

「wnd@act」はウインドウに送られてきたメッセージを処理する関数です(wnd@act関数の定義)。
wnd@act関数の定義

 func act(): bool

戻り値 ユーザが終了要求を行うとfalse、それ以外ならtrue
wnd@act関数が呼ばれない場合、ウインドウメッセージは処理されずに溜まっていき、その間ユーザはウインドウに対する操作が行えずフリーズしたようになります。 そのためこの関数は定期的に呼び出す必要があります。
ユーザがウインドウを閉じるなどの終了要求を行った場合、この関数はfalseを返しますので、各関数を抜けてプログラムを終了させるようにしてください。

wnd@getClipboardStr

「wnd@getClipboardStr」はクリップボードから文字列を取得する関数です(wnd@getClipboardStr関数の定義)。
wnd@getClipboardStr関数の定義

 func getClipboardStr(): []char

戻り値 クリップボードに格納された文字列。 格納されていない場合はnullが返る

wnd@key

「wnd@key」はキーボードのキーの状態を取得する関数です(wnd@key関数の定義)。
wnd@key関数の定義

 func key(key_: wnd@Key): bool

key_ キーボードのキー
戻り値 キーが押されていればtrue、押されていなければfalse

wnd@makeBtn

「wnd@makeBtn」はプッシュボタンコントロールを生成する関数です(wnd@makeBtn関数の定義)。
wnd@makeBtn関数の定義

 func makeBtn(parent: wnd@WndBase, x: int, y: int, width: int, height: int, anchorX: wnd@Anchor, anchorY: wnd@Anchor, text: []char): wnd@Btn

parent 親ウインドウまたは親コントロール
x 左端座標
y 上端座標
width
height 高さ
anchorX 横方向のアンカー
anchorY 縦方向のアンカー
text プッシュボタン表面に表示するテキスト。 nullを渡すと空文字列が設定される
戻り値 プッシュボタンクラスのインスタンス
「wnd@makeBtn」が生成する例外はwnd@makeBtn関数の例外の通りです。
wnd@makeBtn関数の例外
発生条件 ビルド 例外コード
(16進数)
parentがnull dbgのみ E9170006
x、y、width、heightのいずれかの値が0未満 dbgのみ E9170006
コントロールの生成に失敗 dbg、rls E9170009
wnd@makeBtnメソッドの仕様はwnd@makeBtnメソッドの仕様の通りです。
  • 親を設定した場合、親のインスタンスが解放されるまで子のインスタンスは解放されなくなる。
wnd@makeBtnメソッドの仕様

wnd@makeCalendar

wnd@makeChk

「wnd@makeChk」はチェックボックスコントロールを生成する関数です(wnd@makeChk関数の定義)。
wnd@makeChk関数の定義

 func makeChk(parent: wnd@WndBase, x: int, y: int, width: int, height: int, anchorX: wnd@Anchor, anchorY: wnd@Anchor, text: []char): wnd@Chk

parent 親ウインドウまたは親コントロール
x 左端座標
y 上端座標
width
height 高さ
anchorX 横方向のアンカー
anchorY 縦方向のアンカー
text チェックボックスに表示するテキスト。 nullを渡すと空文字列が設定される
戻り値 チェックボックスクラスのインスタンス
「wnd@makeChk」が生成する例外はwnd@makeChk関数の例外の通りです。
wnd@makeChk関数の例外
発生条件 ビルド 例外コード
(16進数)
parentがnull dbgのみ E9170006
x、y、width、heightのいずれかの値が0未満 dbgのみ E9170006
コントロールの生成に失敗 dbg、rls E9170009
wnd@makeChkメソッドの仕様はwnd@makeChkメソッドの仕様の通りです。
  • 親を設定した場合、親のインスタンスが解放されるまで子のインスタンスは解放されなくなる。
wnd@makeChkメソッドの仕様

wnd@makeCombo

wnd@makeComboList

wnd@makeDraw

「wnd@makeDraw」はドローコントロールを生成する関数です(wnd@makeDraw関数の定義)。
wnd@makeDraw関数の定義

 func makeDraw(parent: wnd@WndBase, x: int, y: int, width: int, height: int, anchorX: wnd@Anchor, anchorY: wnd@Anchor, equalMagnification: bool): wnd@Draw

parent 親ウインドウまたは親コントロール
x 左端座標
y 上端座標
width
height 高さ
anchorX 横方向のアンカー
anchorY 縦方向のアンカー
equalMagnification コントロールのサイズが変わったときに、描画領域の解像度を維持したまま拡縮するならfalse、描画領域の解像度をコントロールのサイズで設定し直すならtrue
戻り値 ドローコントロールクラスのインスタンス
「wnd@makeDraw」が生成する例外はwnd@makeDraw関数の例外の通りです。
wnd@makeDraw関数の例外
発生条件 ビルド 例外コード
(16進数)
parentがnull dbgのみ E9170006
x、y、width、heightのいずれかの値が0未満 dbgのみ E9170006
コントロールの生成に失敗 dbg、rls E9170009
wnd@makeDrawメソッドの仕様はwnd@makeDrawメソッドの仕様の通りです。
  • 親を設定した場合、親のインスタンスが解放されるまで子のインスタンスは解放されなくなる。
wnd@makeDrawメソッドの仕様

wnd@makeEdit

「wnd@makeEdit」はエディットボックスコントロールを生成する関数です(wnd@makeEdit関数の定義)。
wnd@makeEdit関数の定義

 func makeEdit(parent: wnd@WndBase, x: int, y: int, width: int, height: int, anchorX: wnd@Anchor, anchorY: wnd@Anchor): wnd@Edit

parent 親ウインドウまたは親コントロール
x 左端座標
y 上端座標
width
height 高さ
anchorX 横方向のアンカー
anchorY 縦方向のアンカー
戻り値 エディットボックスクラスのインスタンス
「wnd@makeEdit」が生成する例外はwnd@makeEdit関数の例外の通りです。
wnd@makeEdit関数の例外
発生条件 ビルド 例外コード
(16進数)
parentがnull dbgのみ E9170006
x、y、width、heightのいずれかの値が0未満 dbgのみ E9170006
コントロールの生成に失敗 dbg、rls E9170009
wnd@makeEditメソッドの仕様はwnd@makeEditメソッドの仕様の通りです。
  • 親を設定した場合、親のインスタンスが解放されるまで子のインスタンスは解放されなくなる。
wnd@makeEditメソッドの仕様

wnd@makeEditMulti

「wnd@makeEditMulti」は複数行エディットボックスコントロールを生成する関数です(wnd@makeEditMulti関数の定義)。
wnd@makeEditMulti関数の定義

 func makeEditMulti(parent: wnd@WndBase, x: int, y: int, width: int, height: int, anchorX: wnd@Anchor, anchorY: wnd@Anchor): wnd@EditMulti

parent 親ウインドウまたは親コントロール
x 左端座標
y 上端座標
width
height 高さ
anchorX 横方向のアンカー
anchorY 縦方向のアンカー
戻り値 複数行エディットボックスクラスのインスタンス
「wnd@makeEditMulti」が生成する例外はwnd@makeEditMulti関数の例外の通りです。
wnd@makeEditMulti関数の例外
発生条件 ビルド 例外コード
(16進数)
parentがnull dbgのみ E9170006
x、y、width、heightのいずれかの値が0未満 dbgのみ E9170006
コントロールの生成に失敗 dbg、rls E9170009
wnd@makeEditMultiメソッドの仕様はwnd@makeEditMultiメソッドの仕様の通りです。
  • 親を設定した場合、親のインスタンスが解放されるまで子のインスタンスは解放されなくなる。
wnd@makeEditMultiメソッドの仕様

wnd@makeGroup

「wnd@makeGroup」はグループコントロールを生成する関数です(wnd@makeGroup関数の定義)。
wnd@makeGroup関数の定義

 func makeGroup(parent: wnd@WndBase, x: int, y: int, width: int, height: int, anchorX: wnd@Anchor, anchorY: wnd@Anchor, text: []char): wnd@Group

parent 親ウインドウまたは親コントロール
x 左端座標
y 上端座標
width
height 高さ
anchorX 横方向のアンカー
anchorY 縦方向のアンカー
text グループに表示するテキスト。 nullを渡すと空文字列が設定される
戻り値 グループクラスのインスタンス
「wnd@makeGroup」が生成する例外はwnd@makeGroup関数の例外の通りです。
wnd@makeGroup関数の例外
発生条件 ビルド 例外コード
(16進数)
parentがnull dbgのみ E9170006
x、y、width、heightのいずれかの値が0未満 dbgのみ E9170006
コントロールの生成に失敗 dbg、rls E9170009
wnd@makeGroupメソッドの仕様はwnd@makeGroupメソッドの仕様の通りです。
  • 親を設定した場合、親のインスタンスが解放されるまで子のインスタンスは解放されなくなる。
wnd@makeGroupメソッドの仕様

wnd@makeLabel

「wnd@makeLabel」はラベルコントロールを生成する関数です(wnd@makeLabel関数の定義)。
wnd@makeLabel関数の定義

 func makeLabel(parent: wnd@WndBase, x: int, y: int, width: int, height: int, anchorX: wnd@Anchor, anchorY: wnd@Anchor, text: []char): wnd@Label

parent 親ウインドウまたは親コントロール
x 左端座標
y 上端座標
width
height 高さ
anchorX 横方向のアンカー
anchorY 縦方向のアンカー
text ラベルに表示するテキスト。 nullを渡すと空文字列が設定される
戻り値 ラベルクラスのインスタンス
「wnd@makeLabel」が生成する例外はwnd@makeLabel関数の例外の通りです。
wnd@makeLabel関数の例外
発生条件 ビルド 例外コード
(16進数)
parentがnull dbgのみ E9170006
x、y、width、heightのいずれかの値が0未満 dbgのみ E9170006
コントロールの生成に失敗 dbg、rls E9170009
wnd@makeLabelメソッドの仕様はwnd@makeLabelメソッドの仕様の通りです。
  • 親を設定した場合、親のインスタンスが解放されるまで子のインスタンスは解放されなくなる。
wnd@makeLabelメソッドの仕様

wnd@makeLabelLink

wnd@makeList

「wnd@makeList」はリストボックスを生成する関数です(wnd@makeList関数の定義)。
wnd@makeList関数の定義

 func makeList(parent: wnd@WndBase, x: int, y: int, width: int, height: int, anchorX: wnd@Anchor, anchorY: wnd@Anchor): wnd@List

parent 親ウインドウまたは親コントロール
x 左端座標
y 上端座標
width
height 高さ
anchorX 横方向のアンカー
anchorY 縦方向のアンカー
戻り値 リストボックスクラスのインスタンス
「wnd@makeList」が生成する例外はwnd@makeList関数の例外の通りです。
wnd@makeList関数の例外
発生条件 ビルド 例外コード
(16進数)
parentがnull dbgのみ E9170006
x、y、width、heightのいずれかの値が0未満 dbgのみ E9170006
コントロールの生成に失敗 dbg、rls E9170009
wnd@makeListメソッドの仕様はwnd@makeListメソッドの仕様の通りです。
  • 親を設定した場合、親のインスタンスが解放されるまで子のインスタンスは解放されなくなる。
wnd@makeListメソッドの仕様

wnd@makeListView

wnd@makeMenu

「wnd@makeMenu」はメニューを生成する関数です(wnd@makeMenu関数の定義)。
wnd@makeMenu関数の定義

 func makeMenu(): wnd@Menu

戻り値 メニュークラスのインスタンス
「wnd@makeMenu」が生成する例外はwnd@makeMenu関数の例外の通りです。
wnd@makeMenu関数の例外
発生条件 ビルド 例外コード
(16進数)
メニューの生成に失敗 dbg、rls E9170009

wnd@makePager

wnd@makePopup

「wnd@makePopup」はポップアップを生成する関数です(wnd@makePopup関数の定義)。
wnd@makePopup関数の定義

 func makePopup(): wnd@Popup

戻り値 ポップアップクラスのインスタンス
「wnd@makePopup」が生成する例外はwnd@makePopup関数の例外の通りです。
wnd@makePopup関数の例外
発生条件 ビルド 例外コード
(16進数)
ポップアップの生成に失敗 dbg、rls E9170009

wnd@makeProgress

wnd@makeRadio

「wnd@makeRadio」はラジオボタンコントロールを生成する関数です(wnd@makeRadio関数の定義)。
wnd@makeRadio関数の定義

 func makeRadio(parent: wnd@WndBase, x: int, y: int, width: int, height: int, anchorX: wnd@Anchor, anchorY: wnd@Anchor, text: []char): wnd@Radio

parent 親ウインドウまたは親コントロール
x 左端座標
y 上端座標
width
height 高さ
anchorX 横方向のアンカー
anchorY 縦方向のアンカー
text ラジオボタンに表示するテキスト。 nullを渡すと空文字列が設定される
戻り値 ラジオボタンクラスのインスタンス
「wnd@makeRadio」が生成する例外はwnd@makeRadio関数の例外の通りです。
wnd@makeRadio関数の例外
発生条件 ビルド 例外コード
(16進数)
parentがnull dbgのみ E9170006
x、y、width、heightのいずれかの値が0未満 dbgのみ E9170006
コントロールの生成に失敗 dbg、rls E9170009
wnd@makeRadioメソッドの仕様はwnd@makeRadioメソッドの仕様の通りです。
  • 親を設定した場合、親のインスタンスが解放されるまで子のインスタンスは解放されなくなる。
wnd@makeRadioメソッドの仕様

wnd@makeRebar

wnd@makeScrollX

「wnd@makeScrollX」は水平スクロールバーコントロールを生成する関数です(wnd@makeScrollX関数の定義)。
wnd@makeScrollX関数の定義

 func makeScrollX(parent: wnd@WndBase, x: int, y: int, width: int, height: int, anchorX: wnd@Anchor, anchorY: wnd@Anchor): wnd@ScrollX

parent 親ウインドウまたは親コントロール
x 左端座標
y 上端座標
width
height 高さ
anchorX 横方向のアンカー
anchorY 縦方向のアンカー
戻り値 水平スクロールバークラスのインスタンス
「wnd@makeScrollX」が生成する例外はwnd@makeScrollX関数の例外の通りです。
wnd@makeScrollX関数の例外
発生条件 ビルド 例外コード
(16進数)
parentがnull dbgのみ E9170006
x、y、width、heightのいずれかの値が0未満 dbgのみ E9170006
コントロールの生成に失敗 dbg、rls E9170009
wnd@makeScrollXメソッドの仕様はwnd@makeScrollXメソッドの仕様の通りです。
  • 親を設定した場合、親のインスタンスが解放されるまで子のインスタンスは解放されなくなる。
wnd@makeScrollXメソッドの仕様

wnd@makeScrollY

「wnd@makeScrollY」は垂直スクロールバーコントロールを生成する関数です(wnd@makeScrollY関数の定義)。
wnd@makeScrollY関数の定義

 func makeScrollY(parent: wnd@WndBase, x: int, y: int, width: int, height: int, anchorX: wnd@Anchor, anchorY: wnd@Anchor): wnd@ScrollY

parent 親ウインドウまたは親コントロール
x 左端座標
y 上端座標
width
height 高さ
anchorX 横方向のアンカー
anchorY 縦方向のアンカー
戻り値 垂直スクロールバークラスのインスタンス
「wnd@makeScrollY」が生成する例外はwnd@makeScrollY関数の例外の通りです。
wnd@makeScrollY関数の例外
発生条件 ビルド 例外コード
(16進数)
parentがnull dbgのみ E9170006
x、y、width、heightのいずれかの値が0未満 dbgのみ E9170006
コントロールの生成に失敗 dbg、rls E9170009
wnd@makeScrollYメソッドの仕様はwnd@makeScrollYメソッドの仕様の通りです。
  • 親を設定した場合、親のインスタンスが解放されるまで子のインスタンスは解放されなくなる。
wnd@makeScrollYメソッドの仕様

wnd@makeSplitX

wnd@makeSplitY

wnd@makeStatus

wnd@makeTab

wnd@makeToolbar

wnd@makeTrackbar

wnd@makeTree

wnd@makeWnd

「wnd@makeWnd」はウインドウを生成する関数です(wnd@makeWnd関数の定義)。
wnd@makeWnd関数の定義

 func makeWnd(parent: wnd@Wnd, style: wnd@WndStyle, width: int, height: int, text: []char): wnd@Wnd

parent 親ウインドウ。 指定しない場合はnull
style ウインドウスタイル
width ウインドウの幅。 -1を渡すとOSによって自動設定される
height ウインドウの高さ。 -1を渡すとOSによって自動設定される
text ウインドウ上部に表示するタイトル。 nullを渡すと空文字列が設定される
戻り値 ウインドウクラスのインスタンス
「wnd@makeWnd」が生成する例外はwnd@makeWnd関数の例外の通りです。
wnd@makeWnd関数の例外
発生条件 ビルド 例外コード
(16進数)
styleの値が有効範囲外 dbgのみ E9170006
widthもしくはheightの値が-1未満 dbgのみ E9170006
ウインドウの生成に失敗 dbg、rls E9170009
wnd@makeWndメソッドの仕様はwnd@makeWndメソッドの仕様の通りです。
  • 親を設定した場合、親のインスタンスが解放されるまで子のインスタンスは解放されなくなる。
wnd@makeWndメソッドの仕様

wnd@msgBox

「wnd@msgBox」はメッセージボックスを表示させる関数です(wnd@msgBox関数の定義)。
wnd@msgBox関数の定義

 func msgBox(parent: wnd@Wnd, text: []char, title: []char, icon: wnd@MsgBoxIcon, btn: wnd@MsgBoxBtn): wnd@MsgBoxResult

parent 親ウインドウ。 指定しない場合はnull
text 表示させるメッセージ。 nullを渡すと空文字列が設定される
title タイトルの文字列。 nullを渡すとアプリのタイトルが表示される
icon メッセージの左側に表示するアイコン
btn ユーザに選択させるボタン
戻り値 ユーザが選択した結果
親ウインドウを指定すると、メッセージボックスはそのウインドウの前面に表示され、メッセージボックスが閉じられるまでウインドウは操作できません。

wnd@onKeyPress

「wnd@onKeyPress」はすべてのウインドウやコントロールよりも優先してキー入力を処理するコールバック関数を設定する関数です(wnd@onKeyPress関数の定義)。
wnd@onKeyPress関数の定義

 func onKeyPress(onKeyPressFunc: func<(wnd@Key, wnd@ShiftCtrl): bool>)

onKeyPressFunc キー入力があるたび呼び出されるコールバック関数。 無効化する場合はnullを指定
「onKeyPressFunc」に渡すコールバック関数の実装はonKeyPressFuncコールバック関数の実装の通りです。
onKeyPressFuncコールバック関数の実装

 func 関数名(key: wnd@Key, shiftCtrl: wnd@ShiftCtrl): bool

key 押されたキー
shiftCtrl ShiftキーとCtrlキーの状態
戻り値 キー入力を処理したならtrue、しなかったならfalse
onKeyPressFuncコールバック関数の戻り値がtrueの場合、各ウインドウやコントロールにキー入力の情報が渡らなくなります。

wnd@openFileDialog

「wnd@openFileDialog」は「ファイルを開く」ダイアログボックスを表示する関数です(wnd@openFileDialog関数の定義)。
wnd@openFileDialog関数の定義

 func openFileDialog(parent: wnd@Wnd, filter: [][]char, defaultFilter: int): []char

parent 親ウインドウ。 指定しない場合はnull
filter ファイルのフィルタ。 表示するテキストとフィルタを交互に指定する。 指定しない場合はnull
defaultFilter 規定値にするフィルタのインデックス。 filterにnullを指定した場合は0を指定しなければならない
戻り値 選択されたファイルパス。 キャンセルされた場合はnull
ファイルのフィルタは、例えば「["テキストファイル (*.txt)", "*.txt", "すべてのファイル", "*.*"]」のように指定します。 またこのとき「すべてのファイル」を最初の選択状態にしたい場合は、defaultFilterに1を指定します。
親ウインドウを指定すると、ダイアログはそのウインドウの前面に表示され、ダイアログが閉じられるまでウインドウは操作できません。
「wnd@openFileDialog」が生成する例外はwnd@openFileDialog関数の例外の通りです。
wnd@openFileDialog関数の例外
発生条件 ビルド 例外コード
(16進数)
filterの要素数が奇数個 dbgのみ E9170006
defaultFilterの値が有効範囲外 dbgのみ E9170006

wnd@saveFileDialog

「wnd@saveFileDialog」は「名前を付けて保存」ダイアログボックスを表示する関数です(wnd@saveFileDialog関数の定義)。
wnd@saveFileDialog関数の定義

 func saveFileDialog(parent: wnd@Wnd, filter: [][]char, defaultFilter: int, defaultExt: []char): []char

parent 親ウインドウ。 指定しない場合はnull
filter ファイルのフィルタ。 表示するテキストとフィルタを交互に指定する。 指定しない場合はnull
defaultFilter 規定値にするフィルタのインデックス。 filterにnullを指定した場合は0を指定しなければならない
defaultExt 拡張子が無かった場合に自動で付ける拡張子を、ピリオドを含めずに指定。 指定しない場合はnull
戻り値 選択されたファイルパス。 キャンセルされた場合はnull
ファイルのフィルタは、例えば「["テキストファイル (*.txt)", "*.txt", "すべてのファイル", "*.*"]」のように指定します。 またこのとき「すべてのファイル」を最初の選択状態にしたい場合は、defaultFilterに1を指定します。
親ウインドウを指定すると、ダイアログはそのウインドウの前面に表示され、ダイアログが閉じられるまでウインドウは操作できません。
「wnd@saveFileDialog」が生成する例外はwnd@saveFileDialog関数の例外の通りです。
wnd@saveFileDialog関数の例外
発生条件 ビルド 例外コード
(16進数)
filterの要素数が奇数個 dbgのみ E9170006
defaultFilterの値が有効範囲外 dbgのみ E9170006

wnd@setClipboardStr

「wnd@setClipboardStr」はクリップボードに文字列を設定する関数です(wnd@setClipboardStr関数の定義)。
wnd@setClipboardStr関数の定義

 func setClipboardStr(str: []char)

str クリップボードに設定する文字列

wnd@Anchor

「wnd@Anchor」は親のサイズが変更されたときの子コントロールのサイズの変更方法を表す列挙型で、定義はwnd@Anchor列挙型の定義の通りです。
wnd@Anchor列挙型の定義
名前 説明
%fix 親のサイズ変更に追従せず、固定させる
%move 親のサイズ変更に伴い、移動させる
%scale 親のサイズ変更に伴い、サイズを拡縮させる

wnd@Btn

「wnd@Btn」はプッシュボタンコントロールのクラスで、定義はwnd@Btnクラスの定義の通りです。
wnd@Btnクラスの定義
名前 説明
wnd@WndBase 継承元クラス
wnd@Btn.getText プッシュボタン表面に表示するテキストを取得するメソッド
wnd@Btn.onPush プッシュボタンが押されたときに発生するイベント
wnd@Btn.setText プッシュボタン表面に表示するテキストを設定するメソッド

wnd@Btn.getText

「wnd@Btn.getText」はプッシュボタンの表面に表示するテキストを取得するメソッドです(wnd@Btn.getTextメソッドの定義)。
wnd@Btn.getTextメソッドの定義

 func getText(): []char

戻り値 プッシュボタンの表面に表示するテキスト

wnd@Btn.onPush

「wnd@Btn.onPush」はプッシュボタンが押されたときに発生するイベントのプロパティです(wnd@Btn.onPushプロパティの定義)。
wnd@Btn.onPushプロパティの定義

 var onPush: func<(wnd@WndBase)>

「wnd@Btn.onPush」に渡す関数の実装はwnd@Btn.onPushイベントの実装の通りです。
wnd@Btn.onPushイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase)

wnd イベントが発生するコントロールのインスタンス

wnd@Btn.setText

「wnd@Btn.setText」はプッシュボタンの表面に表示するテキストを設定するメソッドです(wnd@Btn.setTextメソッドの定義)。
wnd@Btn.setTextメソッドの定義

 func setText(text: []char)

text プッシュボタンの表面に表示するテキスト。 nullを渡すと空文字列が設定される

wnd@Calendar

wnd@Chk

「wnd@Chk」はチェックボックスコントロールのクラスで、定義はwnd@Chkクラスの定義の通りです。
wnd@Chkクラスの定義
名前 説明
wnd@WndBase 継承元クラス
wnd@Chk.getChk チェック状態を取得するメソッド
wnd@Chk.getText チェックボックスに表示するテキストを取得するメソッド
wnd@Chk.onPush チェックボックスが押されたときに発生するイベント
wnd@Chk.setChk チェック状態を設定するメソッド
wnd@Chk.setText チェックボックスに表示するテキストを設定するメソッド

wnd@Chk.getChk

「wnd@Chk.getChk」はチェックボックスのチェック状態を取得するメソッドです(wnd@Chk.getChkメソッドの定義)。
wnd@Chk.getChkメソッドの定義

 func getChk(): bool

戻り値 チェックならtrue、非チェックならfalse

wnd@Chk.getText

「wnd@Chk.getText」はチェックボックスに表示するテキストを取得するメソッドです(wnd@Chk.getTextメソッドの定義)。
wnd@Chk.getTextメソッドの定義

 func getText(): []char

戻り値 チェックボックスに表示するテキスト

wnd@Chk.setChk

「wnd@Chk.setChk」はチェックボックスのチェック状態を設定するメソッドです(wnd@Chk.setChkメソッドの定義)。
wnd@Chk.setChkメソッドの定義

 func setChk(value: bool)

value チェックならtrue、非チェックならfalse

wnd@Chk.onPush

「wnd@Chk.onPush」はチェックボックスが押されたときに発生するイベントのプロパティです(wnd@Chk.onPushプロパティの定義)。
wnd@Chk.onPushプロパティの定義

 var onPush: func<(wnd@WndBase)>

「wnd@Chk.onPush」に渡す関数の実装はwnd@Chk.onPushイベントの実装の通りです。
wnd@Chk.onPushイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase)

wnd イベントが発生するコントロールのインスタンス

wnd@Chk.setText

「wnd@Chk.setText」はチェックボックスに表示するテキストを設定するメソッドです(wnd@Chk.setTextメソッドの定義)。
wnd@Chk.setTextメソッドの定義

 func setText(text: []char)

text チェックボックスに表示するテキスト。 nullを渡すと空文字列が設定される

wnd@Combo

wnd@ComboList

wnd@Draw

「wnd@Draw」はドローコントロールのクラスで、定義はwnd@Drawクラスの定義の通りです。
wnd@Drawクラスの定義
名前 説明
wnd@WndBase 継承元クラス
wnd@Draw.hideCaret 入力カーソルを非表示にするメソッド
wnd@Draw.moveCaret 入力カーソルを移動するメソッド
wnd@Draw.onFocus フォーカス状態が変わったときに発生するイベント
wnd@Draw.onKeyChar 文字が入力されたときに発生するイベント
wnd@Draw.onKeyDown キーが押されたときに発生するイベント
wnd@Draw.onKeyUp キーが離されたときに発生するイベント
wnd@Draw.onMouseDownL マウスの左ボタンが押されたときに発生するイベント
wnd@Draw.onMouseDownM マウスの中央ボタンが押されたときに発生するイベント
wnd@Draw.onMouseDownR マウスの右ボタンが押されたときに発生するイベント
wnd@Draw.onMouseEnter マウスが突入したときに発生するイベント
wnd@Draw.onMouseLeave マウスが離脱したときに発生するイベント
wnd@Draw.onMouseMove マウスが移動したときに発生するイベント
wnd@Draw.onMouseUpL マウスの左ボタンが離されたときに発生するイベント
wnd@Draw.onMouseUpM マウスの中央ボタンが離されたときに発生するイベント
wnd@Draw.onMouseUpR マウスの右ボタンが離されたときに発生するイベント
wnd@Draw.onMouseWheelX マウスの水平ホイールがスクロールされたときに発生するイベント
wnd@Draw.onMouseWheelY マウスの垂直ホイールがスクロールされたときに発生するイベント
wnd@Draw.onPaint 再描画が行われるときに発生するイベント
wnd@Draw.onScrollX 子の水平スクロールバーがスクロールされたときに発生するイベント
wnd@Draw.onScrollY 子の垂直スクロールバーがスクロールされたときに発生するイベント
wnd@Draw.paint 再描画を行うメソッド
wnd@Draw.showCaret 入力カーソルを表示するメソッド

wnd@Draw.hideCaret

「wnd@Draw.hideCaret」は入力カーソルを非表示にするメソッドです(wnd@Draw.hideCaretメソッドの定義)。
wnd@Draw.hideCaretメソッドの定義

 func hideCaret()

入力カーソルが表示状態になっていない場合は何もせずに抜けます。

wnd@Draw.moveCaret

「wnd@Draw.moveCaret」は入力カーソルを移動するメソッドです(wnd@Draw.moveCaretメソッドの定義)。
wnd@Draw.moveCaretメソッドの定義

 func moveCaret(x: int, y: int)

x 入力カーソルの左端座標
y 入力カーソルの上端座標
xおよびyに両方とも-1を渡すと、入力カーソルは表示状態を保ったまま画面外の見えない位置に移動します。

wnd@Draw.onFocus

「wnd@Draw.onFocus」はドローコントロールのフォーカス状態が変わったときに発生するイベントのプロパティです(wnd@Draw.onFocusプロパティの定義)。
wnd@Draw.onFocusプロパティの定義

 var onFocus: func<(wnd@WndBase, bool)>

「wnd@Draw.onFocus」に渡す関数の実装はwnd@Draw.onFocusイベントの実装の通りです。
wnd@Draw.onFocusイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase, focus: bool)

focus フォーカスを得たならtrue、フォーカスが外れたならfalse

wnd@Draw.onKeyChar

「wnd@Draw.onKeyChar」はドローコントロールにフォーカスがあるときに文字が入力されると発生するイベントのプロパティです(wnd@Draw.onKeyCharプロパティの定義)。
wnd@Draw.onKeyCharプロパティの定義

 var onKeyChar: func<(wnd@WndBase, char)>

「wnd@Draw.onKeyChar」に渡す関数の実装はwnd@Draw.onKeyCharイベントの実装の通りです。
wnd@Draw.onKeyCharイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase, key: char)

key 入力された文字
ユーザがキーを長押しすると、OSのキー入力の設定に従い、このイベントは何度も発生します。

wnd@Draw.onKeyDown

「wnd@Draw.onKeyDown」はドローコントロールにフォーカスがあるときにキーボードのキーが押されると発生するイベントのプロパティです(wnd@Draw.onKeyDownプロパティの定義)。
wnd@Draw.onKeyDownプロパティの定義

 var onKeyDown: func<(wnd@WndBase, wnd@Key, wnd@ShiftCtrl)>

「wnd@Draw.onKeyDown」に渡す関数の実装はwnd@Draw.onKeyDownイベントの実装の通りです。
wnd@Draw.onKeyDownイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase, key: wnd@Key, shiftCtrl: wnd@ShiftCtrl)

key 押されたキー
shiftCtrl ShiftキーとCtrlキーの状態
ユーザがキーを長押しすると、OSのキー入力の設定に従い、このイベントは何度も発生します。 漢字変換ウインドウで確定された文字列に対してもこのイベントは発生します。
長押しされた場合でも、キーが押された瞬間の1回だけを処理したい場合はwnd@Draw.onKeyUpイベントを併用して監視します。

wnd@Draw.onKeyUp

「wnd@Draw.onKeyUp」はドローコントロールにフォーカスがあるときにキーボードのキーが離されると発生するイベントのプロパティです(wnd@Draw.onKeyUpプロパティの定義)。
wnd@Draw.onKeyUpプロパティの定義

 var onKeyUp: func<(wnd@WndBase, wnd@Key, wnd@ShiftCtrl)>

「wnd@Draw.onKeyUp」に渡す関数の実装はwnd@Draw.onKeyUpイベントの実装の通りです。
wnd@Draw.onKeyUpイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase, key: wnd@Key, shiftCtrl: wnd@ShiftCtrl)

key 離されたキー
shiftCtrl ShiftキーとCtrlキーの状態
ユーザがキーを長押ししても、このイベントは離されるときに1回だけ発生します。 漢字変換ウインドウで確定された文字列に対してもこのイベントは発生します。

wnd@Draw.onMouseDownL

「wnd@Draw.onMouseDownL」はドローコントロール上でマウスの左ボタンが押されたときに発生するイベントのプロパティです(wnd@Draw.onMouseDownLプロパティの定義)。
wnd@Draw.onMouseDownLプロパティの定義

 var onMouseDownL: func<(wnd@WndBase, int, int)>

「wnd@Draw.onMouseDownL」に渡す関数の実装はwnd@Draw.onMouseDownLイベントの実装の通りです。
wnd@Draw.onMouseDownLイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase, x: int, y: int)

wnd イベントが発生するコントロールのインスタンス
x ドローコントロールのクライアント領域におけるマウスのX座標
y ドローコントロールのクライアント領域におけるマウスのY座標

wnd@Draw.onMouseDownM

「wnd@Draw.onMouseDownM」はドローコントロール上でマウスの中央ボタンが押されたときに発生するイベントのプロパティです(wnd@Draw.onMouseDownMプロパティの定義)。
wnd@Draw.onMouseDownMプロパティの定義

 var onMouseDownM: func<(wnd@WndBase, int, int)>

「wnd@Draw.onMouseDownM」に渡す関数の実装はwnd@Draw.onMouseDownMイベントの実装の通りです。
wnd@Draw.onMouseDownMイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase, x: int, y: int)

wnd イベントが発生するコントロールのインスタンス
x ドローコントロールのクライアント領域におけるマウスのX座標
y ドローコントロールのクライアント領域におけるマウスのY座標

wnd@Draw.onMouseDownR

「wnd@Draw.onMouseDownR」はドローコントロール上でマウスの右ボタンが押されたときに発生するイベントのプロパティです(wnd@Draw.onMouseDownRプロパティの定義)。
wnd@Draw.onMouseDownRプロパティの定義

 var onMouseDownR: func<(wnd@WndBase, int, int)>

「wnd@Draw.onMouseDownR」に渡す関数の実装はwnd@Draw.onMouseDownRイベントの実装の通りです。
wnd@Draw.onMouseDownRイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase, x: int, y: int)

wnd イベントが発生するコントロールのインスタンス
x ドローコントロールのクライアント領域におけるマウスのX座標
y ドローコントロールのクライアント領域におけるマウスのY座標

wnd@Draw.onMouseEnter

「wnd@Draw.onMouseEnter」はドローコントロールにマウスが突入したときに発生するイベントのプロパティです(wnd@Draw.onMouseEnterプロパティの定義)。
wnd@Draw.onMouseEnterプロパティの定義

 var onMouseEnter: func<(wnd@WndBase, int, int)>

「wnd@Draw.onMouseEnter」に渡す関数の実装はwnd@Draw.onMouseEnterイベントの実装の通りです。
wnd@Draw.onMouseEnterイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase, x: int, y: int)

wnd イベントが発生するコントロールのインスタンス
x ドローコントロールのクライアント領域におけるマウスのX座標
y ドローコントロールのクライアント領域におけるマウスのY座標

wnd@Draw.onMouseLeave

「wnd@Draw.onMouseLeave」はドローコントロールからマウスが離脱したときに発生するイベントのプロパティです(wnd@Draw.onMouseLeaveプロパティの定義)。
wnd@Draw.onMouseLeaveプロパティの定義

 var onMouseLeave: func<(wnd@WndBase)>

「wnd@Draw.onMouseLeave」に渡す関数の実装はwnd@Draw.onMouseLeaveイベントの実装の通りです。
wnd@Draw.onMouseLeaveイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase)

wnd イベントが発生するコントロールのインスタンス

wnd@Draw.onMouseMove

「wnd@Draw.onMouseMove」はドローコントロール上でマウスが移動したときに発生するイベントのプロパティです(wnd@Draw.onMouseMoveプロパティの定義)。
wnd@Draw.onMouseMoveプロパティの定義

 var onMouseMove: func<(wnd@WndBase, int, int)>

「wnd@Draw.onMouseMove」に渡す関数の実装はwnd@Draw.onMouseMoveイベントの実装の通りです。
wnd@Draw.onMouseMoveイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase, x: int, y: int)

wnd イベントが発生するコントロールのインスタンス
x ドローコントロールのクライアント領域におけるマウスのX座標
y ドローコントロールのクライアント領域におけるマウスのY座標

wnd@Draw.onMouseUpL

「wnd@Draw.onMouseUpL」はドローコントロール上でマウスの左ボタンが離されたときに発生するイベントのプロパティです(wnd@Draw.onMouseUpLプロパティの定義)。
wnd@Draw.onMouseUpLプロパティの定義

 var onMouseUpL: func<(wnd@WndBase, int, int)>

「wnd@Draw.onMouseUpL」に渡す関数の実装はwnd@Draw.onMouseUpLイベントの実装の通りです。
wnd@Draw.onMouseUpLイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase, x: int, y: int)

wnd イベントが発生するコントロールのインスタンス
x ドローコントロールのクライアント領域におけるマウスのX座標
y ドローコントロールのクライアント領域におけるマウスのY座標

wnd@Draw.onMouseUpM

「wnd@Draw.onMouseUpM」はドローコントロール上でマウスの中央ボタンが離されたときに発生するイベントのプロパティです(wnd@Draw.onMouseUpMプロパティの定義)。
wnd@Draw.onMouseUpMプロパティの定義

 var onMouseUpM: func<(wnd@WndBase, int, int)>

「wnd@Draw.onMouseUpM」に渡す関数の実装はwnd@Draw.onMouseUpMイベントの実装の通りです。
wnd@Draw.onMouseUpMイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase, x: int, y: int)

wnd イベントが発生するコントロールのインスタンス
x ドローコントロールのクライアント領域におけるマウスのX座標
y ドローコントロールのクライアント領域におけるマウスのY座標

wnd@Draw.onMouseUpR

「wnd@Draw.onMouseUpR」はドローコントロール上でマウスの右ボタンが離されたときに発生するイベントのプロパティです(wnd@Draw.onMouseUpRプロパティの定義)。
wnd@Draw.onMouseUpRプロパティの定義

 var onMouseUpR: func<(wnd@WndBase, int, int)>

「wnd@Draw.onMouseUpR」に渡す関数の実装はwnd@Draw.onMouseUpRイベントの実装の通りです。
wnd@Draw.onMouseUpRイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase, x: int, y: int)

wnd イベントが発生するコントロールのインスタンス
x ドローコントロールのクライアント領域におけるマウスのX座標
y ドローコントロールのクライアント領域におけるマウスのY座標

wnd@Draw.onMouseWheelX

「wnd@Draw.onMouseWheelX」はドローコントロール上でマウスの水平ホイールがスクロールされたときに発生するイベントのプロパティです(wnd@Draw.onMouseWheelXプロパティの定義)。
wnd@Draw.onMouseWheelXプロパティの定義

 var onMouseWheelX: func<(wnd@WndBase, int)>

「wnd@Draw.onMouseWheelX」に渡す関数の実装はwnd@Draw.onMouseWheelXイベントの実装の通りです。
wnd@Draw.onMouseWheelXイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase, wheel: int)

wnd イベントが発生するコントロールのインスタンス
wheel ホイールのスクロール量

wnd@Draw.onMouseWheelY

「wnd@Draw.onMouseWheelY」はドローコントロール上でマウスの垂直ホイールがスクロールされたときに発生するイベントのプロパティです(wnd@Draw.onMouseWheelYプロパティの定義)。
wnd@Draw.onMouseWheelYプロパティの定義

 var onMouseWheelY: func<(wnd@WndBase, int)>

「wnd@Draw.onMouseWheelY」に渡す関数の実装はwnd@Draw.onMouseWheelYイベントの実装の通りです。
wnd@Draw.onMouseWheelYイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase, wheel: int)

wnd イベントが発生するコントロールのインスタンス
wheel ホイールのスクロール量
wheelの値はOSに設定されたスクロール量ではなく、ホイールが最小スクロールしたときに1もしくは-1となる量です。

wnd@Draw.onPaint

「wnd@Draw.onPaint」はドローコントロールの再描画が行われるときに発生するイベントのプロパティです(wnd@Draw.onPaintプロパティの定義)。
wnd@Draw.onPaintプロパティの定義

 var onPaint: func<(wnd@WndBase, int, int)>

「wnd@Draw.onPaint」に渡す関数の実装はwnd@Draw.onPaintイベントの実装の通りです。
wnd@Draw.onPaintイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase, width: int, height: int)

wnd イベントが発生するコントロールのインスタンス
width クライアント領域の幅
height クライアント領域の高さ
ドローコントロールの使い方は、ゲーム系アプリでは1秒間に何度も描画を繰り返す方法が主ですが、ツール系アプリでは再描画が必要になったときにだけ描画を行う方法が適しています。
再描画が必要になるとこのイベントが発生するため、ツール系アプリではそのたびに(0,0)から(width,height)の領域を描画するようにします。

wnd@Draw.onScrollX

「wnd@Draw.onScrollX」はドローコントロールの子の水平スクロールバーがスクロールされたときに発生するイベントのプロパティです(wnd@Draw.onScrollXプロパティの定義)。
wnd@Draw.onScrollXプロパティの定義

 var onScrollX: func<(wnd@WndBase, int)>

「wnd@Draw.onScrollX」に渡す関数の実装はwnd@Draw.onScrollXイベントの実装の通りです。
wnd@Draw.onScrollXイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase, pos: int)

wnd イベントが発生するコントロールのインスタンス
pos 水平スクロールバーの位置

wnd@Draw.onScrollY

「wnd@Draw.onScrollY」はドローコントロールの子の垂直スクロールバーがスクロールされたときに発生するイベントのプロパティです(wnd@Draw.onScrollYプロパティの定義)。
wnd@Draw.onScrollYプロパティの定義

 var onScrollY: func<(wnd@WndBase, int)>

「wnd@Draw.onScrollY」に渡す関数の実装はwnd@Draw.onScrollYイベントの実装の通りです。
wnd@Draw.onScrollYイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase, pos: int)

wnd イベントが発生するコントロールのインスタンス
pos 垂直スクロールバーの位置

wnd@Draw.paint

「wnd@Draw.paint」はドローコントロールを再描画させるメソッドです(wnd@Draw.paintメソッドの定義)。
wnd@Draw.paintメソッドの定義

 func paint()

このメソッドを呼ぶと、「wnd@Draw.onPaint」イベントを発生させることができます。 「wnd@Draw.onPaint」イベント内で描画処理を行っている場合にのみこのメソッドは有用です。

wnd@Draw.showCaret

「wnd@Draw.showCaret」は入力カーソルを表示するメソッドです(wnd@Draw.showCaretメソッドの定義)。
wnd@Draw.showCaretメソッドの定義

 func showCaret(height: int, font: draw@Font)

height 入力カーソルの高さ
font 漢字変換ウインドウで使用するフォント。 nullを渡すとOS標準のフォントが使われる
入力カーソルが既に表示状態になっている場合は新しい情報で更新します。

wnd@Edit

「wnd@Edit」はエディットボックスコントロールのクラスで、定義はwnd@Editクラスの定義の通りです。
wnd@Editクラスの定義
名前 説明
wnd@EditBase 継承元クラス

wnd@EditBase

「wnd@EditBase」はエディットボックスコントロールの基底クラスで、定義はwnd@EditBaseクラスの定義の通りです。
wnd@EditBaseクラスの定義
名前 説明
wnd@WndBase 継承元クラス
wnd@EditBase.getText エディットボックス内のテキストを取得するメソッド
wnd@EditBase.readonly エディットボックスの読み取り専用状態を設定するメソッド
wnd@EditBase.setText エディットボックス内のテキストを設定するメソッド

wnd@EditBase.getText

「wnd@EditBase.getText」はエディットボックス内のテキストを取得するメソッドです(wnd@EditBase.getTextメソッドの定義)。
wnd@EditBase.getTextメソッドの定義

 func getText(): []char

戻り値 エディットボックス内のテキスト

wnd@EditBase.readonly

「wnd@EditBase.readonly」はエディットボックスの読み取り専用状態を設定するメソッドです(wnd@EditBase.readonlyメソッドの定義)。
wnd@EditBase.readonlyメソッドの定義

 func readonly(enabled: bool)

enabled 読み取り専用にする場合はtrue、しない場合はfalse

wnd@EditBase.setText

「wnd@EditBase.setText」はエディットボックス内のテキストを設定するメソッドです(wnd@EditBase.setTextメソッドの定義)。
wnd@EditBase.setTextメソッドの定義

 func setText(text: []char)

text エディットボックス内のテキスト。 nullを渡すと空文字列が設定される

wnd@EditMulti

「wnd@EditMulti」は複数行エディットボックスコントロールのクラスで、定義はwnd@EditMultiクラスの定義の通りです。
wnd@EditMultiクラスの定義
名前 説明
wnd@EditBase 継承元クラス

wnd@Group

「wnd@Group」はグループコントロールのクラスで、定義はwnd@Groupクラスの定義の通りです。
wnd@Groupクラスの定義
名前 説明
wnd@WndBase 継承元クラス
wnd@Group.getText グループに表示するテキストを取得するメソッド
wnd@Group.setText グループに表示するテキストを設定するメソッド

wnd@Group.getText

「wnd@Group.getText」はグループに表示するテキストを取得するメソッドです(wnd@Group.getTextメソッドの定義)。
wnd@Group.getTextメソッドの定義

 func getText(): []char

戻り値 グループに表示するテキスト

wnd@Group.setText

「wnd@Group.setText」はグループに表示するテキストを設定するメソッドです(wnd@Group.setTextメソッドの定義)。
wnd@Group.setTextメソッドの定義

 func setText(text: []char)

text グループに表示するテキスト。 nullを渡すと空文字列が設定される

wnd@Key

「wnd@Key」はキーボードのキーを表す列挙型で、定義はwnd@Key列挙型の定義の通りです。
wnd@Key列挙型の定義
名前 説明
%_0 0キー
%_1 1キー
%_2 2キー
%_3 3キー
%_4 4キー
%_5 5キー
%_6 6キー
%_7 7キー
%_8 8キー
%_9 9キー
%a Aキー
%alt Altキー
%b Bキー
%bs BackSpaceキー
%c Cキー
%ctrl Ctrlキー
%d Dキー
%del Deleteキー
%down 下キー
%e Eキー
%end_ Endキー
%enter Enterキー
%esc Escキー
%f Fキー
%f1 F1キー
%f10 F10キー
%f11 F11キー
%f12 F12キー
%f2 F2キー
%f3 F3キー
%f4 F4キー
%f5 F5キー
%f6 F6キー
%f7 F7キー
%f8 F8キー
%f9 F9キー
%g Gキー
%h Hキー
%home Homeキー
%i Iキー
%ins Insertキー
%j Jキー
%k Kキー
%l Lキー
%left 左キー
%m Mキー
%mouseC マウスの中央ボタン
%mouseL マウスの左ボタン
%mouseR マウスの右ボタン
%n Nキー
%o Oキー
%p Pキー
%pageDown PageDownキー
%pageUp PageUpキー
%pause Pauseキー
%q Qキー
%r Rキー
%right 右キー
%s Sキー
%shift Shiftキー
%space スペースキー
%t Tキー
%tab Tabキー
%u Uキー
%up 上キー
%v Vキー
%w Wキー
%x Xキー
%y Yキー
%z Zキー
これらはOSに設定された仮想的なキーを表します。 ユーザがキー割り当てを変更しているときは変更後のキーで扱われます。

wnd@Label

「wnd@Label」はラベルコントロールのクラスで、定義はwnd@Labelクラスの定義の通りです。
wnd@Labelクラスの定義
名前 説明
wnd@WndBase 継承元クラス
wnd@Label.getText ラベルに表示するテキストを取得するメソッド
wnd@Label.setText ラベルに表示するテキストを設定するメソッド

wnd@Label.getText

「wnd@Label.getText」はラベルに表示するテキストを取得するメソッドです(wnd@Label.getTextメソッドの定義)。
wnd@Label.getTextメソッドの定義

 func getText(): []char

戻り値 ラベルに表示するテキスト

wnd@Label.setText

「wnd@Label.setText」はラベルに表示するテキストを設定するメソッドです(wnd@Label.setTextメソッドの定義)。
wnd@Label.setTextメソッドの定義

 func setText(text: []char)

text ラベルに表示するテキスト。 nullを渡すと空文字列が設定される

wnd@LabelLink

wnd@List

「wnd@List」はリストボックスのクラスで、定義はwnd@Listクラスの定義の通りです。
wnd@Listクラスの定義
名前 説明
wnd@WndBase 継承元クラス
wnd@List.add 要素を追加するメソッド
wnd@List.clear 要素をすべて削除するメソッド
wnd@List.del 要素を削除するメソッド
wnd@List.getSel 選択項目を取得するメソッド
wnd@List.getText 要素のテキストを取得するメソッド
wnd@List.ins 要素を挿入するメソッド
wnd@List.len 要素の数を取得するメソッド
wnd@List.onSel 要素が選択されたときに発生するイベント
wnd@List.setSel 選択項目を設定するメソッド
wnd@List.setText 要素のテキストを設定するメソッド

wnd@List.add

「wnd@List.add」はリストボックスに要素を追加するメソッドです(wnd@List.addメソッドの定義)。
wnd@List.addメソッドの定義

 func add(text: []char)

text 要素として表示するテキスト。 nullであってはならない
末尾の要素として追加されます。

wnd@List.clear

「wnd@List.clear」はリストボックスの要素をすべて削除するメソッドです(wnd@List.clearメソッドの定義)。
wnd@List.clearメソッドの定義

 func clear()

wnd@List.del

「wnd@List.del」はリストボックスから要素を削除するメソッドです(wnd@List.delメソッドの定義)。
wnd@List.delメソッドの定義

 func del(idx: int)

idx 削除する要素の番号
「wnd@List.del」が生成する例外はwnd@List.delメソッドの例外の通りです。
wnd@List.delメソッドの例外
例外コード
(16進数)
ビルド 発生条件
idxが0未満もしくは要素数以上 dbgのみ E9170006

wnd@List.getSel

「wnd@List.getSel」はリストボックスの選択項目を取得するメソッドです(wnd@List.getSelメソッドの定義)。
wnd@List.getSelメソッドの定義

 func getSel(): int

戻り値 選択されている要素の番号。 非選択の場合は-1が返る

wnd@List.getText

「wnd@List.getText」はリストボックスの要素のテキストを取得するメソッドです(wnd@List.getTextメソッドの定義)。
wnd@List.getTextメソッドの定義

 func getText(idx: int): []char

idx テキストを取得する要素の番号
戻り値 要素のテキスト
「wnd@List.getText」が生成する例外はwnd@List.getTextメソッドの例外の通りです。
wnd@List.getTextメソッドの例外
例外コード
(16進数)
ビルド 発生条件
idxが0未満もしくは要素数以上 dbgのみ E9170006

wnd@List.ins

「wnd@List.ins」はリストボックスの要素に要素を挿入するメソッドです(wnd@List.insメソッドの定義)。
wnd@List.insメソッドの定義

 func ins(idx: int, text: []char)

idx テキストを挿入する要素の番号
text 要素として表示するテキスト。 nullであってはならない
要素番号の並びに対し、idxの直前の要素として挿入されます。
「wnd@List.ins」が生成する例外はwnd@List.insメソッドの例外の通りです。
wnd@List.insメソッドの例外
例外コード
(16進数)
ビルド 発生条件
idxが0未満もしくは要素数以上 dbgのみ E9170006

wnd@List.len

「wnd@List.len」はリストボックスの要素の数を取得するメソッドです(wnd@List.lenメソッドの定義)。
wnd@List.lenメソッドの定義

 func len(): int

戻り値 要素の数

wnd@List.onSel

「wnd@List.onSel」はリストボックスの要素が選択されたときに発生するイベントのプロパティです(wnd@List.onSelプロパティの定義)。
wnd@List.onSelプロパティの定義

 var onSel: func<(wnd@WndBase)>

「wnd@List.onSel」に渡す関数の実装はwnd@List.onSelイベントの実装の通りです。
wnd@List.onSelイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase)

wnd イベントが発生するコントロールのインスタンス

wnd@List.setSel

「wnd@List.setSel」はリストボックスの選択項目を設定するメソッドです(wnd@List.setSelメソッドの定義)。
wnd@List.setSelメソッドの定義

 func setSel(idx: int)

idx 選択する要素の番号。 非選択にする場合は-1を指定する
「wnd@List.setSel」が生成する例外はwnd@List.setSelメソッドの例外の通りです。
wnd@List.setSelメソッドの例外
例外コード
(16進数)
ビルド 発生条件
idxが-1未満もしくは要素数以上 dbgのみ E9170006

wnd@List.setText

「wnd@List.setText」はリストボックスの要素のテキストを設定するメソッドです(wnd@List.setTextメソッドの定義)。
wnd@List.setTextメソッドの定義

 func setText(idx: int, text: []char)

idx テキストを設定する要素の番号
text 設定するテキスト。 nullであってはならない
「wnd@List.setText」が生成する例外はwnd@List.setTextメソッドの例外の通りです。
wnd@List.setTextメソッドの例外
例外コード
(16進数)
ビルド 発生条件
idxが0未満もしくは要素数以上 dbgのみ E9170006

wnd@ListView

wnd@Menu

「wnd@Menu」はメニューのクラスで、定義はwnd@Menuクラスの定義の通りです。
wnd@Menuクラスの定義
名前 説明
wnd@MenuBase 継承元クラス

wnd@MenuBase

「wnd@MenuBase」はメニューの基底クラスで、定義はwnd@MenuBaseクラスの定義の通りです。
wnd@MenuBaseクラスの定義
名前 説明
wnd@MenuBase.add メニューに項目を追加するメソッド
wnd@MenuBase.addLine メニューに区切り線を追加するメソッド
wnd@MenuBase.addPopup メニューにポップアップを追加するメソッド

wnd@MenuBase.add

「wnd@MenuBase.add」はメニューに項目を追加するメソッドです(wnd@MenuBase.addメソッドの定義)。
wnd@MenuBase.addメソッドの定義

 func add(id: int, text: []char)

id 項目ごとにユニークなID(16進数で0001以上FFFF以下)
text 表示するテキスト。 nullであってはならない
idは、どの項目が選択されたのかを識別するのに使います。
「wnd@MenuBase.add」が生成する例外はwnd@MenuBase.addメソッドの例外の通りです。
wnd@MenuBase.addメソッドの例外
例外コード
(16進数)
ビルド 発生条件
idが16進数で0001以上FFFF以下の範囲外 dbgのみ E9170006

wnd@MenuBase.addLine

「wnd@MenuBase.addLine」はメニューに区切り線を追加するメソッドです(wnd@MenuBase.addLineメソッドの定義)。
wnd@MenuBase.addLineメソッドの定義

 func addLine()

wnd@MenuBase.addPopup

「wnd@MenuBase.addPopup」はメニューにポップアップを追加するメソッドです(wnd@MenuBase.addPopupメソッドの定義)。
wnd@MenuBase.addPopupメソッドの定義

 func addPopup(text: []char, popup: @Popup)

text 表示するテキスト。 nullであってはならない
popup 追加するポップアップ

wnd@MsgBoxBtn

「wnd@MsgBoxBtn」はメッセージボックスでユーザに選択させるボタンを表す列挙型で、定義はwnd@MsgBoxBtn列挙型の定義の通りです。
wnd@MsgBoxBtn列挙型の定義
名前 説明
%abortRetryIgnore 「中止」「再試行」「無視」
%cancelAgainContinue 「キャンセル」「再実行」「続行」
%ok 「OK」
%okCancel 「OK」「キャンセル」
%retryCancel 「再試行」「キャンセル」
%yesNo 「はい」「いいえ」
%yesNoCancel 「はい」「いいえ」「キャンセル」

wnd@MsgBoxIcon

「wnd@MsgBoxIcon」はメッセージボックスの左側に表示するアイコンを表す列挙型で、定義はwnd@MsgBoxIcon列挙型の定義の通りです。
wnd@MsgBoxIcon列挙型の定義
名前 説明
%err エラーを表す「×」アイコン
%info 情報を表す「i」アイコン
%none アイコンなし
%question 質問を表す「?」アイコン
%warn 警告を表す「!」アイコン

wnd@MsgBoxResult

「wnd@MsgBoxResult」はメッセージボックスでユーザが選択した結果を表す列挙型で、定義はwnd@MsgBoxResult列挙型の定義の通りです。
wnd@MsgBoxResult列挙型の定義
名前 説明
%abort 「中止」
%again 「再実行」
%cancel 「キャンセル」または右上の「×」ボタン
%continue 「続行」
%ignore 「無視」
%no 「いいえ」
%ok 「OK」
%retry 「再試行」
%yes 「はい」

wnd@Pager

wnd@Popup

「wnd@Popup」はメニューのクラスで、定義はwnd@Popupクラスの定義の通りです。
wnd@Popupクラスの定義
名前 説明
wnd@MenuBase 継承元クラス

wnd@Progress

wnd@Radio

「wnd@Radio」はラジオボタンコントロールのクラスで、定義はwnd@Radioクラスの定義の通りです。
wnd@Radioクラスの定義
名前 説明
wnd@WndBase 継承元クラス
wnd@Radio.getChk チェック状態を取得するメソッド
wnd@Radio.getText ラジオボタンに表示するテキストを取得するメソッド
wnd@Radio.setChk チェック状態を設定するメソッド
wnd@Radio.setText ラジオボタンに表示するテキストを設定するメソッド

wnd@Radio.getChk

「wnd@Radio.getChk」はラジオボタンのチェック状態を取得するメソッドです(wnd@Radio.getChkメソッドの定義)。
wnd@Radio.getChkメソッドの定義

 func getChk(): bool

戻り値 チェックならtrue、非チェックならfalse

wnd@Radio.getText

「wnd@Radio.getText」はラジオボタンに表示するテキストを取得するメソッドです(wnd@Radio.getTextメソッドの定義)。
wnd@Radio.getTextメソッドの定義

 func getText(): []char

戻り値 ラジオボタンに表示するテキスト

wnd@Radio.setChk

「wnd@Radio.setChk」はラジオボタンのチェック状態を設定するメソッドです(wnd@Radio.setChkメソッドの定義)。
wnd@Radio.setChkメソッドの定義

 func setChk(value: bool)

value チェックならtrue、非チェックならfalse

wnd@Radio.setText

「wnd@Radio.setText」はラジオボタンに表示するテキストを設定するメソッドです(wnd@Radio.setTextメソッドの定義)。
wnd@Radio.setTextメソッドの定義

 func setText(text: []char)

text ラジオボタンに表示するテキスト。 nullを渡すと空文字列が設定される

wnd@Rebar

wnd@ScrollX

「wnd@ScrollX」は水平スクロールバーコントロールのクラスで、定義はwnd@ScrollXクラスの定義の通りです。
wnd@ScrollXクラスの定義
名前 説明
wnd@WndBase 継承元クラス

wnd@ScrollY

「wnd@ScrollY」は垂直スクロールバーコントロールのクラスで、定義はwnd@ScrollYクラスの定義の通りです。
wnd@ScrollYクラスの定義
名前 説明
wnd@WndBase 継承元クラス

wnd@ShiftCtrl

「wnd@ShiftCtrl」はShiftキーとCtrlキーの状態を表す列挙型で、定義はwnd@ShiftCtrl列挙型の定義の通りです。
wnd@ShiftCtrl列挙型の定義
名前 説明
%none なし
%shift Shiftキー
%ctrl Ctrlキー
これらはorメソッドで組み合わせて使用します。

wnd@SplitX

wnd@SplitY

wnd@Status

wnd@Tab

wnd@Toolbar

wnd@Trackbar

wnd@Tree

wnd@Wnd

「wnd@Wnd」はウインドウのクラスで、定義はwnd@Wndクラスの定義の通りです。
wnd@Wndクラスの定義
名前 説明
wnd@WndBase 継承元クラス
wnd@Wnd.activate ウインドウをアクティブにするメソッド
wnd@Wnd.activated ウインドウがアクティブかどうかを取得するメソッド
wnd@Wnd.close ウインドウを閉じるメソッド
wnd@Wnd.exit ウインドウを終了するメソッド
wnd@Wnd.focusedWnd フォーカスがあるコントロールの親ウインドウかどうかを取得するメソッド
wnd@Wnd.getAlpha ウインドウの不透明度を取得するメソッド
wnd@Wnd.getText ウインドウ上部のタイトル文字列を取得するメソッド
wnd@Wnd.minMax ウインドウの最小サイズと最大サイズを設定するメソッド
wnd@Wnd.modal モーダルウインドウが閉じられるまで待機するメソッド
wnd@Wnd.onActivate ウインドウがアクティブもしくは非アクティブになったときに発生するイベント
wnd@Wnd.onClose ウインドウが閉じられるときに発生するイベント
wnd@Wnd.onPushMenu メニューが選択されたときに発生するイベント
wnd@Wnd.setAlpha ウインドウの不透明度を設定するメソッド
wnd@Wnd.setMenu ウインドウにメニューを設定するメソッド
wnd@Wnd.setText ウインドウ上部のタイトル文字列を設定するメソッド

wnd@Wnd.activate

「wnd@Wnd.activate」はウインドウをアクティブにするメソッドです(wnd@Wnd.activateメソッドの定義)。
wnd@Wnd.activateメソッドの定義

 func activate()

wnd@Wnd.activated

「wnd@Wnd.activated」はウインドウがアクティブかどうかを取得するメソッドです(wnd@Wnd.activatedメソッドの定義)。
wnd@Wnd.activatedメソッドの定義

 func activated(): bool

戻り値 アクティブならtrue、非アクティブならfalse

wnd@Wnd.close

「wnd@Wnd.close」はウインドウを閉じるメソッドです(wnd@Wnd.closeメソッドの定義)。
wnd@Wnd.closeメソッドの定義

 func close()

このメソッドは、ユーザによってウインドウが閉じられることと同じ動作をします。

wnd@Wnd.exit

「wnd@Wnd.exit」はウインドウを破棄するメソッドです(wnd@Wnd.exitメソッドの定義)。
wnd@Wnd.exitメソッドの定義

 func exit()

wnd@Wnd.closeメソッドとは異なり、このメソッドを呼び出すとwnd@Wnd.onCloseイベントを起こさずにウインドウを破棄します。

wnd@Wnd.focusedWnd

「wnd@Wnd.focusedWnd」はフォーカスがあるコントロールの親ウインドウかどうかを取得するメソッドです(wnd@Wnd.focusedWndメソッドの定義)。
wnd@Wnd.focusedWndメソッドの定義

 func focusedWnd(): bool

戻り値 フォーカスがあるコントロールの親ウインドウならtrue、それ以外ならfalse
WndBase.focusedメソッドとは異なり、このメソッドは自身にフォーカスがある場合に加え、子のコントロールにフォーカスがある場合も検出できます。
自身のウインドウをa、aの子ウインドウをb、bの子コントロールをcとして、cがフォーカスを持つとき、a.focusedWnd()はfalse、b.focusedWnd()はtrueを返します。

wnd@Wnd.getAlpha

「wnd@Wnd.getAlpha」はウインドウの不透明度を取得するメソッドです(wnd@Wnd.getAlphaメソッドの定義)。
wnd@Wnd.getAlphaメソッドの定義

 func getAlpha(): int

戻り値 ウインドウの不透明度(0以上255以下)

wnd@Wnd.getText

「wnd@Wnd.getText」はウインドウ上部のタイトル文字列を取得するメソッドです(wnd@Wnd.getTextメソッドの定義)。
wnd@Wnd.getTextメソッドの定義

 func getText(): []char

戻り値 ウインドウ上部のタイトル文字列

wnd@Wnd.minMax

「wnd@Wnd.minMax」はウインドウの最小サイズと最大サイズを設定するメソッドです(wnd@Wnd.minMaxメソッドの定義)。
wnd@Wnd.minMaxメソッドの定義

 func minMax(minWidth: int, minHeight: int, maxWidth: int, maxHeight: int)

minWidth ウインドウの幅の最小値
minHeight ウインドウの高さの最小値
maxWidth ウインドウの幅の最大値
maxHeight ウインドウの高さの最大値
「wnd@Wnd.minMax」が生成する例外はwnd@Wnd.minMaxメソッドの例外の通りです。
wnd@Wnd.minMaxメソッドの例外
例外コード
(16進数)
ビルド 発生条件
minWidthもしくはminHeightが0以下 dbgのみ E9170006
maxWidthがminWidthよりも小さい dbgのみ E9170006
maxHeightがminHeightよりも小さい dbgのみ E9170006

wnd@Wnd.modal

「wnd@Wnd.modal」はモーダルウインドウが閉じられるまで親ウインドウを操作不能にして待機するメソッドです(wnd@Wnd.modalメソッドの定義)。
wnd@Wnd.modalメソッドの定義

 func modal()

子ウインドウのmodalメソッドを呼び出すと、親ウインドウが存在する場合は親を操作不能にし、子が閉じられるまでこのメソッドは内部でwnd@act関数を呼び続けたまま抜けずに待機します。

wnd@Wnd.onActivate

「wnd@Wnd.onActivate」はウインドウがアクティブもしくは非アクティブになったときに発生するイベントのプロパティです(wnd@Wnd.onActivateプロパティの定義)。
wnd@Wnd.onActivateプロパティの定義

 var onActivate: func<(wnd@WndBase, bool, bool)>

「wnd@Wnd.onActivate」に渡す関数の実装はwnd@Wnd.onActivateイベントの実装の通りです。
wnd@Wnd.onActivateイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase, active: bool, minimized: bool)

wnd イベントが発生するウインドウのインスタンス
active アクティブならtrue、非アクティブならfalse
minimized 最小化状態ならtrue、それ以外ならfalse

wnd@Wnd.onClose

「wnd@Wnd.onClose」はウインドウが閉じられるときに発生するイベントのプロパティです(wnd@Wnd.onCloseプロパティの定義)。
wnd@Wnd.onCloseプロパティの定義

 var onClose: func<(wnd@WndBase): bool>

「wnd@Wnd.onClose」に渡す関数の実装はwnd@Wnd.onCloseイベントの実装の通りです。
wnd@Wnd.onCloseイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase): bool

wnd イベントが発生するウインドウのインスタンス
戻り値 ウインドウを閉じるならtrue、閉じないならfalse

wnd@Wnd.onPushMenu

「wnd@Wnd.onPushMenu」はウインドウに設定されたメニューが選択されたときに発生するイベントのプロパティです(wnd@Wnd.onPushMenuプロパティの定義)。
wnd@Wnd.onPushMenuプロパティの定義

 var onPushMenu: func<(wnd@WndBase, int)>

「wnd@Wnd.onPushMenu」に渡す関数の実装はwnd@Wnd.onPushMenuイベントの実装の通りです。
wnd@Wnd.onPushMenuイベントの実装

 func 関数名(wnd: wnd@WndBase, id: int)

wnd イベントが発生するウインドウのインスタンス
id 選択されたメニューのID

wnd@Wnd.setAlpha

「wnd@Wnd.setAlpha」はウインドウの不透明度を設定するメソッドです(wnd@Wnd.setAlphaメソッドの定義)。
wnd@Wnd.setAlphaメソッドの定義

 func setAlpha(alpha: int)

alpha ウインドウの不透明度(0以上255以下)
「wnd@Wnd.setAlpha」が生成する例外はwnd@Wnd.setAlphaメソッドの例外の通りです。
wnd@Wnd.setAlphaメソッドの例外
例外コード
(16進数)
ビルド 発生条件
alphaの値が0以上255以下の範囲外 dbgのみ E9170006

wnd@Wnd.setMenu

「wnd@Wnd.setMenu」はウインドウにメニューを設定するメソッドです(wnd@Wnd.setMenuメソッドの定義)。
wnd@Wnd.setMenuメソッドの定義

 func setMenu(menu: wnd@Menu)

menu 設定するメニュー。 メニューを削除する場合はnullを指定

wnd@Wnd.setText

「wnd@Wnd.setText」はウインドウ上部のタイトル文字列を設定するメソッドです(wnd@Wnd.setTextメソッドの定義)。
wnd@Wnd.setTextメソッドの定義

 func setText(text: []char)

text ウインドウ上部のタイトル文字列。 nullを渡すと空文字列が設定される

wnd@WndBase

「wnd@WndBase」はウインドウやすべてのコントロールの継承元クラスで、定義はwnd@WndBaseクラスの定義の通りです。
wnd@WndBaseクラスの定義
名前 説明
wnd@WndBase.addChild 子のインスタンスが解放されないように保持させるメソッド
wnd@WndBase.enable ウインドウやコントロールを有効もしくは無効にするメソッド
wnd@WndBase.focus ウインドウやコントロールにフォーカスを設定するメソッド
wnd@WndBase.focused ウインドウやコントロールにフォーカスがあるかどうかを取得するメソッド
wnd@WndBase.getPos ウインドウやコントロールの大きさを取得するメソッド
wnd@WndBase.getPosScr ウインドウやコントロールのスクリーン上での大きさを取得するメソッド
wnd@WndBase.setPos ウインドウやコントロールの大きさを設定するメソッド
wnd@WndBaseクラスには、ウインドウとすべてのコントロールに共通の機能を集約しています。

wnd@WndBase.addChild

「wnd@WndBase.addChild」は子のインスタンスが解放されないように保持させるメソッドです(wnd@WndBase.addChildメソッドの定義)。
wnd@WndBase.addChildメソッドの定義

 func addChild(child: kuin@Class)

child 子のインスタンス
このメソッドに渡したインスタンスは、ウインドウが解放されるまで解放されなくなります。
親子関係を設定したウインドウ、コントロール、メニューは、内部で自動的にこのメソッドが呼び出されて親より先に解放されないようになります。

wnd@WndBase.enable

「wnd@WndBase.enable」はウインドウやコントロールが操作可能かどうかを設定するメソッドです(wnd@WndBase.enableメソッドの定義)。
wnd@WndBase.enableメソッドの定義

 func enable(isEnabled: bool)

isEnabled 操作可能ならtrue、操作不可能ならfalse
操作不可能にすると、ウインドウやコントロールの種類によっては見た目がグレーになります。

wnd@WndBase.focus

「wnd@WndBase.focus」はウインドウやコントロールにフォーカスを設定するメソッドです(wnd@WndBase.focusメソッドの定義)。
wnd@WndBase.focusメソッドの定義

 func focus()

フォーカスを設定したものは、キーボードからの入力対象になります。

wnd@WndBase.focused

「wnd@WndBase.focused」はウインドウやコントロールにフォーカスがあるかどうかを取得するメソッドです(wnd@WndBase.focusedメソッドの定義)。
wnd@WndBase.focusedメソッドの定義

 func focused(): bool

戻り値 フォーカスがあるならtrue、ないならfalse

wnd@WndBase.getPos

「wnd@WndBase.getPos」はウインドウやコントロールの位置とサイズを取得するメソッドです(wnd@WndBase.getPosメソッドの定義)。
wnd@WndBase.getPosメソッドの定義

 func getPos(x: &int, y: &int, width: &int, height: &int)

x 左端座標が返る
y 上端座標が返る
width 幅が返る
height 高さが返る

wnd@WndBase.getPosScr

「wnd@WndBase.getPosScr」はウインドウやコントロールのスクリーン上での位置とサイズを取得するメソッドです(wnd@WndBase.getPosScrメソッドの定義)。
wnd@WndBase.getPosScrメソッドの定義

 func getPosScr(x: &int, y: &int, width: &int, height: &int)

x 左端座標が返る
y 上端座標が返る
width 幅が返る
height 高さが返る

wnd@WndBase.setPos

「wnd@WndBase.setPos」はウインドウやコントロールの位置とサイズを設定するメソッドです(wnd@WndBase.setPosメソッドの定義)。
wnd@WndBase.setPosメソッドの定義

 func setPos(x: int, y: int, width: int, height: int)

x 左端座標
y 上端座標
width
height 高さ

wnd@WndStyle

「wnd@WndStyle」はウインドウスタイルを表す列挙型で、定義はwnd@WndStyle列挙型の定義の通りです。
wnd@WndStyle列挙型の定義
名前 説明
%aspect サイズ変更でアスペクト比を維持する、最大化ができないウインドウ
%fix サイズ変更や最大化ができない、固定サイズのウインドウ
%normal サイズ変更、最大化、最小化ができる一般的なウインドウ
%popup サイズ変更や最大化や最小化ができない、枠は描画されるポップアップウインドウ
1513347113ja