くいなちゃん2021年04月17日


プログラミング言語Kuin」のAPIリファレンスページです。
cursorライブラリは現在、動作環境(-eオプション)が「exe」のときのみ使えます。 他の環境向けに使用するとコンパイルエラーになります。

 cursor@Cursor

カーソルを扱うクラスです。

 cursor@Cursor.get

カーソルの位置を取得するメソッドです。

func get(): int

戻り値カーソルの位置

 cursor@Cursor.set

カーソルの状態を設定するメソッドです。

func set(num: int, pos: int, horizontal: bool, ring: bool)

numカーソルが指す要素の個数
posカーソルの位置
horizontal水平方向ならtrue、垂直方向ならfalse
ring環状ならtrue、端で止まるならfalse
cursor@Cursorインスタンスを作成したときの初期値は、numが1、posが0になっています。
horizontalかtrueの場合、キーボードの左右キーやゲームパッドの左右ボタンでカーソルが移動します。 falseの場合、上下で移動します。
ringがtrueの場合、カーソルの位置が要素の範囲を超えたときに反対側へ移動します。 falseの場合、範囲を超えないように端で止まります。
発生条件ビルド例外コード
numが1より小さいdbgのみ0xE9170006
posが0より小さい、もしくはnum以上dbgのみ0xE9170006

 cursor@Cursor.update

カーソルの状態を更新するメソッドです。

func update()

このメソッドを呼ぶたびに入力状態を取得してカーソル位置を更新します。
1618601420jaf